東洋ソーイング Webサイト

制作事例

当社での制作事例をお示しします。写真をクリックすると拡大します。


2020冬製作品

2020年冬製作の当社オリジナルで制作した製品をご紹介します。いずれも設備と技術を最大限使った自信作です。 縫製工場で制作されるものは季節を先取りして行きますので、必ずしも冬物の洋服だけではありません。
(*全く同じもののネット販売は行っておりません。)

ボタンプルオーバー
プルオーバー #01
プルオーバー #02
スカート
ワンピース
ニットコート #01
ニットコート #02


制作事例: マフラー

マフラー
正面から
斜め前から
胸元のアップ
縁の処理のアップ

制作事例: マント

起毛した生地でマントを制作しました。リバーシブルで使用できるように縁かがりを裏表とも同じになるメローロックミシン (特殊ミシン) を使いました。

非常に長い距離を波打たせないようにロックミシンをかけるのは簡単ではありませんが、熟練の技術者が一定の力加減を保って縫い続けることで解決しています。 計算されたパターンで制作すると、羽織ったときに手で抑えていなくても肩から落ちません。衿回りから全体にフレアが均一に広がり、柔らかいデザインのコートのように使用できます。

チェック柄のマント
正面から
胸元アップ
背面から
コサージュ

制作事例: スプリングコート

硬いコットンの生地で、スプリングコートを制作しました。このコートのデザイン上のポイントは、ステッチの曲線と直線の対比です。

丸首衿の曲線は正確に、ポケットの角の小さなカーブも左右対称に仕上げています。一方で前の打合せ、背中の横には歪みのない直線のステッチを入れました。きちんとした縫製により、曲線を使いながらも、生地の質感を活かしたシャープなデザインを実現しています。

スプリングコート
正面から
胸元アップ
背面から

制作事例: セーター

ざっくりした質感の生地でセーターを制作しました。ふっくらとした印象を持たせるために、衿ぐりと各部の裾に厚みを持たせて付け、袖付けと脇の縫い目にも気配りが必要でした。 デザイナーの考えた「印象」のような曖昧な部分を実現出来るのは、多種多様な生地を取り扱って来た経験があるからです。

セーター
正面から
胸元アップ
袖口アップ

制作事例: スタンドカラージャケット

ニットでジャケットを制作しました。柔らかい生地では前の打ち合わせの曲線を合わせるのが難しいのですが、縫製を左右均等にすることで歪みのない合わせを実現しています。肩のシルエットが美しいのも確かな縫製技術のなせる業です。

スタンドカラージャケット
正面から
肩アップ
斜め前から
背面から


制作事例: ニットスカート

極薄のニット生地をふんだんに使ってスカートを制作しました。ウエスト全てに均等にギャザーを寄せる難しいデザインを克服し、かさばらないストレートな印象のスカートが出来上がりました。着たときに裾のラインが床と平行になることも、この印象に寄与しています。

ニットスカート
正面から
正面のアップ